地デジ対策の情報サイト。地デジ工事で視聴する方法や映らない場合の対処法などを分かりやすく解説しています。地デジコンテンツ以外にも、口コミ系やお役立ち系の記事を書いています。

デジミク

CPUファンが一瞬回って止まるを繰り返す時の対処法

更新日:

先日PCショップにて、ジャンクコーナーに良さげなマザーボードがあったので購入してみました。

GIGABYTEのGA-H87-DH3

LGA1150のhaswell世代のCPUソケット です。

メモリも4枚刺せるし、PCIExpress3.0に対応

フロントUSB3.0も付いて、お値段税込み2178円と思いきや、割引の日だったらしく1900円台(詳しくは忘れました)で購入できました。

見た目は少々埃がついていましたが、ピン折れやピン曲がりも無さそうだったので、これは動くだろうと思い、問題なく動作すれば、今のPCのマザーボードが「GA-H81M-D3V-JP」なのでアップグレードできそうだなと。

現実はそう甘くはなかった

家に帰ってさっそくマザーボードの掃除をしました。私が掃除に使うのは化粧品のチークを塗る時に使われる筆のような物です。
毛先が細かくて柔らかいので、マザーボードの掃除に最適です。
一通り掃除が終わったので、最小構成で起動確認をしてみます。
CPU i3-4150
メモリ DDR3 4G1枚
電源24ピンとCPU補助6ピン×2

BIOSが立ち上がってくれれば、もう勝ったも同然なのですが、何度起動させても、電源とCPUファンが一瞬回って止まる、一瞬回って止まるを繰り返して、画面にはなにも表示されません。CMOSクリアも試しましたがダメでした。

マザーボード以外は、動作確認済みのパーツなのです。
通電するけど、BIOSが立ち上がらないという状態なので、考えられることは以下になります。
1・マザーボードの故障
2・BIOSのデータクラッシュ
3・メモリの異常
4・CPUの異常
5・BIOSが古く第4世代のCPUに対応できていない

この中でCPUとメモリは動作確認済みの物を使っているので、4は無いとして、まずメモリの抜き差し、スロット変更、スロット側の清掃など試しましたが、やはりCPUファンが一瞬回って止まるを繰り返しています。

見た感じマザーボードの故障はなさそうなので、BIOSのデータクラッシュかバージョンが古くてCPUに対応できていないのだろうという事で、ROMライターでマザーボードのBIOSのROMに直接BIOSデータを書き込むことにしました。

ROMライターでBIOSデータの書き込み

gigabyteのサイトから最新のBIOSをダウンロードして、ROMライターに保存。

CA341Aのソフトを使ってROMライターでBIOSデータを書き込みます。

BIOSの書込みが終わったので、CMOSクリアして電源ON。

一度CPUファンが回って止まりましたが、2回目に回った瞬間に見事に画面にBIOSが映りました!

今回はBIOSのデータ破損かバージョンが古かったのかどちらの原因かは不明ですが、メモリ関連で改善しない場合は、やはりBIOSをROMライターで書込むのが対処法としては最善かと思います。

ジャンクマザーボードではなく、まだ保証がついてるマザーボードの場合は、ROMライターで書込みすると保証対象外になる可能性があるので、自己責任で行ってください。

 

 

-BIOSアップデート, PC, リカバリー

Copyright© デジミク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.