地デジ対策の情報サイト。地デジ工事で視聴する方法や映らない場合の対処法などを分かりやすく解説しています。地デジコンテンツ以外にも、口コミ系やお役立ち系の記事を書いています。

デジミク

ASUS GT 710 / 2GB GDDR5を取付しグラフィックス性能をパワーアップ

更新日:

格安で購入したPCをパワーアップさせる為にグラフィックボードを購入しました。

ASUS NVIDIA GeForce GT 710 / 2GB GDDR5

GT710は他にもありますが、1GBメモリーのグラボとGDDR3のグラボは、正直インテル® HD グラフィックス 4400と大差がないので、GDDR5 2GメモリーのASUSのGT710を購入しました。

ヤフオクにて3,500円

そんなに重たいゲームもやらないし、グラボ初心者の私にはこれで十分。

GT710とケースファンと電源交換

さっそくGT710を取付ていきます

PCI Express x16に刺しこむだけですね。

寂しく空いていたブラケット部分にグラボが付きました。
固定するネジがなかったので、仮にHDD固定ネジを1つ拝借。ネジ買わないとですね。

ついでに買ったケースファンも取付

8cmサイズのやつしか取付できなかったので、少し小さいです。前面が吸気で背面が排気になるように取付。最初裏表間違えて取付しました。電源はSYS_FAN1とFAN2へ3ピンで接続です。CPU温度と連動して回転数が増減します。

続いて600W電源もつけます。
現状350Wの電源がついていますが、今後CPU交換もすると思うので、メルカリで2000円であったので購入。

600W ATX-1260 80PLUS BRONZEです。

電源交換したらCMOSクリアしないと画面出力しないので、クリア。

クリアするとBIOSのデータが初期化されるので、事前に電源交換前に設定を覚えておきましょう。

とくに弄ってないならそのままでOKです。

ケースファン付けて、電源も交換したので、ベンチマークしてみます。

GT710でベンチマーク

まずはドラクエベンチマーク(CPUはi3-4150)

最高品質フルスクリーンでGT710取付前が4954→取付後8057

3000以上あがりましたね。

続いてFF14ベンチマーク

標準品質のウインドウモード GT710取付前が2439→取付後4886

なんとか普通にプレイできるレベルにはなりました。

ついでにフォートナイトを遊んでみました。

画像はありませんが、GT710取付前は平均FPS30前後→取付後は平均FPS60前後くらいでした。
最低設定で3Dを60%にすると平均80くらい出てそうですね。

あとAPEXも遊んでみましたが、取付前は起動も怪しい感じで、最初の訓練はなんとかできましたが、全体的に重かったです。取付後は起動もすんなりできて、デュオで普通にプレイできたので、軽く遊ぶ程度なら問題ないかと思います。本格的にやるのであれば、当然もっと上位のグラボ付けてやった方がいいと思います。

GT710取付まとめ

今回自分で初めて取付しみましたが、取付自体は簡単でしたね。補助電源もいらないタイプだったので、ほんとに差し込んで固定するだけです。
ドライバーは自動で当たりましたが、最新の物ではないので、ちゃんとNVIDIAのサイトから最新のドライバーを当てました。
GT710をもし購入検討されているのであれば、絶対にGDDR5のやつを買った方がいいですね。

当分の間はこれで満足ですが、メモリー増設とCPU交換はいずれやってみたいと考えています。

-PC, グラフィックボード, デスクトップ

Copyright© デジミク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.