地デジ対策の情報サイト。地デジ工事で視聴する方法や映らない場合の対処法などを分かりやすく解説しています。地デジコンテンツ以外にも、口コミ系やお役立ち系の記事を書いています。

デジミク

ノートPCのCPU温度を下げる

投稿日:

CPU温度が高いことに気づいた

最近購入したNECのVersaProで軽くゲームをしているのですが、CPUのファンが物凄く回転してうるさいので、そうとう負荷かかってるんだろうなと思い、CPU温度を測定してみたところ、

90℃とか行っちゃってますね。CPUは「i5-4300m 2.6GHz」です。

これはちょっとCPU温度高すぎると思い、どうにかしてCPU温度を下げようとおもいました。

CPU温度を下げる方法

CPU温度を下げる方法として、いろいろありますが、今回は中古ノートパソコンだったので、CPUグリスを塗りなおしてみようと思いました。

 

裏蓋を外して、バッテリーを取り外し、CPUファンとヒートシンクを外して、今あるグリスを拭き取ります。

思っていたほど、固まっていなかったので、購入したときに塗りなおしてくれた可能性が高い。

グリスはアマゾンで適当に買った安いやつです。499円でした。

付属のヘラでグリスを均等に伸ばして、あとはCPUファンとヒートシンクを元通りにします。

CPUグリス交換の効果

左が交換前のアイドル時、右が交換後のアイドル時(特に変わってない)

左が交換前のゲーム稼働時、右が交換後のゲーム稼働時(3℃くらいは下がったのかな)

グリスはやはり、購入時にショップの方が塗りなおしてくれてたぽいので、思ったほどの効果は得られなかった。

CPUの最大使用量を下げる

こんどはCPUの最大使用量を下げて、温度を下げてみたいと思います。

設定の電源とスリープ

右側の電源の追加設定をクリック

今使っている電源プランの右側の「プラン設定の変更」をクリック

下から2番目の「詳細な電源設定の変更」をクリック

プロセッサの電源管理の「最大のプロセッサ状態」をクリックし、ここがもともと100%になっていたのを95%に変更。

ゲーム稼働状態で温度を測定してみると、10℃くらいは下がりました。

i5-4300mは、最大状態を100%にすると、ブーストが掛かって2.6Ghz→3.2Ghzになります。

この状態だとCPU温度が高くなりやすいので、負荷がかかるゲームや作業を行う時は、99%~95%くらいの範囲で、調節してあげるとCPU温度が下がってきます。

もちろんCPUの性能をフルに使わなくなるので、処理能力が低下しますから、作業やゲームに支障がでない程度に下げるようにしましょう。

自分の使用感では95%でも、ゲームにも、作業にも全く支障ない感じです。

 

-PC, 家電
-

Copyright© デジミク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.