地デジ対策の情報サイト。地デジ工事で視聴する方法や映らない場合の対処法などを分かりやすく解説しています。地デジコンテンツ以外にも、口コミ系やお役立ち系の記事を書いています。

デジミク

DIY 玄関外灯交換 LED化 シーリングライト

更新日:

玄関外灯交換の目次

玄関の外灯が壊れたので交換

玄関の外灯が熱により、電球の差し込み台座が曲がって首を垂れて、カバーが溶けてしまいました。
壊れた玄関外灯

原因は恐らく電球が切れて交換した際に、LED対応の照明ではなかったのに、電球をLEDにした事によるもの。
よく確認しないで、電球の金口が同じだから大丈夫だろうと交換するとこうなります。

壊れた外灯の取り外し

既設の外灯を取り外して中を見てみると、電球の接続部分の根本が曲がっています。
相当な熱を持ったと推測できますね。火事にならなくて良かった。
交換前の玄関外灯
電気の端子台から電線を外して、外灯の取付板も外して、電線の先端にビニールテープを巻いて養生して新しい外灯がくるのを待ちます。

※取付取外しには、第二種電気工事士の資格が必要です。作業の際は必ず電気のスイッチをOFFにしましょう。

新しい玄関外灯(LEDダウンシーリング)の取付

今回新しく取付する外灯は「パナソニック 軒下用LEDシーリングライト HH-SF0019L」にしました。
・LED電球だから光源寿命約40000時間
・防雨型器具で、外回りにもLEDのあかり
・本体寸法:高さ47mm×幅φ149mm
・本体質量:0.7kg
・日本製

こちらは人感センサーなしのタイプです。人感センサー付きだと+5000円ほどになります。
うちは、別でセンサーライトがあるので、とくに今回は人感センサーは必要ないとおもいこれにしました。
HH-SF0019L

HH-SF0019Lの中身

前のやつよりかなりコンパクトになっています。

取付板

VVFの電線を取付板の真ん中から通して、取付板を軒に固定します。

元のやつと同じPanasonic製だったからか、ネジ位置が全く同じでした。

外灯本体

本体の電気の端子台に電源線と送り線を接続します。奥まで確実に差し込みましょう。

基本は白色がN側で黒色がL側ですが、既設の接続をよく確認しておきましょう。(違ってる事もありえるので)

器具内用アース線を取付板に接続します。

取付板と本体は印がついていて向きがあります。電線等を挟み込まない様に気を付けてはめ込んで、袋ナットで固定します。

本体取付後

あとはカバーも印があるので、印を揃えてはめ込んで、右に捻るとロックします。

玄関外灯取付

玄関外灯の交換作業終わりです。

あとはスイッチを入れて点灯確認と、異様な発熱や異音がしないかチェックして終わりです。

交換作業自体はそれほど難しいことはありませんが、第二種電気工事士の資格がないとできない内容なので、持っていない方は、電気屋さんに依頼することをお勧めします。
LED玄関ライトの明るさ
LEDライトなので結構明るいですね。

-ホームメンテナンス, 照明交換
-,

Copyright© デジミク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.