デジアナ変換でテレビが見れても地デジが映るとは限らない

2011年7月24日の正午から地上デジタル放送に移行した際に、既存のアナログテレビでも引続きテレビを視聴する事が出来る「デジアナ変換」という物がありました。
デジアナ変換でアナログ放送が見れる

ケーブルテレビの加入者など(アンテナ以外)がこの恩恵を受ける事が出来ます。

上記の記事でも書きましたが、デジアナ変換はいつまでかというと「2015年3月」までとなっています。

たまにある事なのですが、デジアナ変換で今までずっとアナログテレビで見ていた人が、地デジ対応のテレビを購入して接続してみたけど

地デジが映らない、あるいはブロックノイズが発生するといったトラブルが発生します。

人によって様々ですが、今までデジアナでテレビを見ていたという事自体を知らなかった方もいれば、
(画面の右上にデジアナorデジアナ変換と表示されます)

ケーブルに加入しているからテレビを地デジ対応にすれば、そのまま地デジが映ると思っていたという方もいます。
(↑宅内設備になにも問題がなければ通常は映ります)

スポンサードリンク




デジアナの電波は移行前のアナログ放送の時と同じ物なので、移行前後によくあった「アナログ放送は映るけど地デジが映らない」というパターンが発生。

宅内のテレビ設備は家が古い場合、地デジに対応したケーブルや機器ではない事も多々あります。

また、それら設備の劣化によって正常に地デジの電波を送れなくなっている事もあります。

ですから、2015年の3月までに地デジが映る事を確認しておかないと、いきなりテレビが見れなくなってしまう可能性があるのです。

デジアナのみでテレビを視聴されている方は、事前に地デジ対応テレビを購入して確認する事をオススメします。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP