地デジチューナーを使って地デジ非対応DVDレコーダーに録画する方法

地デジチューナーを使って地デジ非対応のDVDレコーダーに録画する方法

DVDレコーダー

以前に、地デジ非対応のDVDレコーダーで地デジを録画する方法という記事を書きましたが、

その時はテレビが地デジ対応済みで、テレビの録画出力を使って行うという物でしたが

今回は、テレビもDVDレコーダーもアナログしか対応していない状態で

地デジチューナーを使って、地デジを見たり録画する方法をご紹介します。

まずはこちらの図をご覧下さい。

地デジチューナーを使った配線例

順番に追っていきますと、

1・同軸ケーブルをテレビ端子から地デジチューナーの「アンテナ入力」に接続

2・地デジチューナーの「映像・音声出力端子」からレコーダーの外部入力端子に接続
※、図ではピンコード(赤・白・黄)の3色の線をつかった例にしていますが、
チューナーとレコーダーにD端子があればD端子接続でも構いません。

3・レコーダーの「映像・音声出力端子」からテレビの外部入力端子にピンコードで接続

上記の接続で準備はOKです。(電源コンセントは繋げて下さい)

この状態ですと、地デジチューナーの映像を外部接続を利用してDVDレコーダーで受けて、それをさらにテレビに流す形になります。

DVDレコーダーのチャンネルは常時L1かL2(外部入力を接続した端子による)

テレビのチャンネルも常時ピンコードを接続した外部入力にします。

この状態で地デジを視聴する事は出来ると思います。

さて、録画の場合は地デジチューナーで選局したチャンネルでDVDレコーダーの録画ボタンを押せば

現状テレビ画面に映っている番組が録画されます。

この時に地デジチューナーのチャンネルを変更すると当然録画する番組も切替わってしまいます。

予約録画の場合は、地デジチューナーの番組表から録画したい番組を選局して視聴予約をします。

そしてDVDレコーダーの録画予約で、地デジチューナーで視聴予約した番組と同じ日時を設定し、チャンネルはL1かL2に設定します。

これで予約録画が可能です。

スポンサードリンク



ブルーレイレコーダーが故障した時に役立つ

上記の方法や地デジ非対応のDVDレコーダーで地デジを録画する方法もそうですが、手持ちのブルーレイレコーダーが故障して、録画ができなくなってしまった場合に、仮措置として「使ってないDVDコーダーや地デジチューナー」が役立ちます。

ようは「地デジを受信して外部の機器に出力出来る機器」と「外部入力からDVDへ録画出来る機器」があれば良いのです。

地デジチューナーがあって、テレビが地デジ対応であれば、録画は地デジチューナーからの映像で、視聴する番組はテレビのチューナーで視聴するという事も可能になります。

CATVなどのSTB(セットトップボックス)があれば、これを地デジチューナーのかわりにも出来ます。

最後に地デジの番組をDVDに録画する場合、レコーダーの録画設定を「VRモード」にしないと録画出来ないのでそこだけ注意して下さい。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP