光のネットが繋がらない原因

現在のネット回線の主流である光回線。

光回線はグラスファイバーを使ったとても細い線を使用しており、

電柱に架空されて、各家庭に引き込まれています。

光回線でネットをしていて繋がらない主な原因としましては

  • サービス提供会社のサーバー側の問題
  • 電柱上でのケーブル切断や光ケーブルが曲がり等でストレスがかかり、光のパワーが正常に送られていない。
  • モデム(ONU)の故障
  • パソコンの設定の問題
  • 落雷等の自然災害

大まかにこの辺りが原因になると思います。

僕個人でも光回線のネットをもう3年ほど使っていますが、繋がらないという状態になった事はありません。

スポンサードリンク



モデム(ONU)の通信ランプが点灯している状態であれば、モデムはネットが出来る状態になっている事になります。
(ランプの名称当は各機器によって異なります、光回線など)

光回線でネットに繋がらない場合の多くの原因は「設定」にあると思います。

ADSLから光に変更したり、ケーブルインターネットから光に変更したりで

ネットに繋がらない場合の多くはパソコンやツールの設定の問題です。

以下の情報が参考になると思いますので、ご覧になってみて下さい。

NTTのフレッツ光が繋がらない場合はこちら

コミュファ光が繋がらない場合はこちら

またなんらかの事情によってONUが一旦リンクダウンした場合、ルーターを繋いでいる場合は、ルーターのリセットも行ないましょう。

詳しくは、こちらに書いてあります。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP