地デジ対策の情報サイト。地デジ工事で視聴する方法や映らない場合の対処法などを分かりやすく解説しています。地デジコンテンツ以外にも、口コミ系やお役立ち系の記事を書いています。

デジミク

4K放送が映らない対策と原因

投稿日:

4K放送対応のテレビを購入したのに、4Kが映らない。

4K放送を視聴するのには、テレビ以外にも放送設備にある程度の条件が必要となります。

アンテナ受信の場合

    1. BS・110度CSアンテナ
    2. 3224MHzに対応したアンテナケーブル
    3. BS/CSと地デジの電波を混合させる、混合器
    4. 3224MHzに対応したBSブースター
    5. 3224MHzに対応した分配器
    6. シールド性の高いテレビ端子

ケーブルテレビや光テレビ等の場合

  1. 3224MHzに対応したアンテナケーブル
  2. 3224MHzに対応した分配器
  3. シールド性の高いテレビ端子

ケーブルテレビや光テレビの場合はアンテナやブースター・混合器が必要なくなり。V-ONUと言う機器がそれらの役割を果たしてくれます。

なぜ4K放送が映らないのか

4K放送を観ようとして、テレビを購入したのに映らない。

原因は色々ありますが、まず基本的な所を確認してみましょう。

4K放送のチューナーがあるテレビか?

4K対応と書いてあっても、画質が対応をしているだけのテレビもあり、チューナーが付いているかは別です。

4Kチューナー内蔵のテレビで、4K放送が映らない場合は、ブースターと分配器が3224Mhzに対応していない場合が多いです。

実際には2071Mhzに対応していれば4K放送は通るのですが、現状は4K8K対応の商品が多く、3224Mhzと記載されているので、ここを確認してみましょう。

あとはアンテナ線のケーブルが古いと4Kの電波を正常に通してくれないので、ここも4K8K対応なのかを確認してみましょう。

 

 

 

-テレビ, BSが映らない

Copyright© デジミク , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.