マニュアルミッションのオーバーホールと言われたトラックが添加剤で蘇った

いすゞのエルフで約10万Km走ったトラックなんですが、シフトが入りずらくなったり、ギア鳴りするようになりました。
だましだまし半年くらいそのまま使っていたのですが、車検の時にその旨を伝え見積だけ出してもらう事にしました。

クラッチ交換で10万くらいとの事で、これからも使っていくトラックなので交換してもらう事に。
交換して戻ってきたけど、「あれ?直ってないやん。。」

結局クラッチはギア鳴りや、シフトが入りずらくなっている症状には関係なかった模様。
再度整備工場に確認した所、ミッションのオーバーホールが必要と言われました。

見積が30万~ 高いね!!

なにか良い方法はないかと色々と情報を模索していたところ、ミッションオイルの添加剤なる物を発見。
信用と信頼のワコーズさんのマニュアルミッション用の添加剤を購入し、整備工場でミッションオイル交換と同時に添加剤を入れてもらい様子を見る事にしました。

添加剤入れたその日から劇的な変化

交換作業が終わってトラックに乗ってみた所、ギア鳴りもなくなり、シフトもスコスコ入るじゃないですか!
これには、びっくりでした。

使った添加剤がこちらです。

ワコーズ MG5-T マジックファイブ ギヤーオイル用添加剤 G120 150ml
マニュアルミッション、デファレンシャル専用の添加剤で、耐摩耗性、耐荷重能を向上させ歯の摩耗、破損を防止する。
又、ギヤー油を1ランクグレードアップする。
添加量:オイル量の10%
オイル量の10%入れるので、1本あたり150mLなので4Lの場合は3本必要です。

その後も二カ月ほど経過していますが、調子よいですよ。
ミッションのオーバーホールしなくて良かったです(汗)


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP