地デジの電波特性とテレビの映りの関係

地デジの電波特性とテレビの映りの関係

地上デジタル放送は、アナログ放送と違ってかなり電波にシビアです。

アナログ放送の場合は、多少電波が弱くても、

少し画面がざらついた感じになりますが見る事はできました。

しかし、地上デジタル放送の場合は、「映る」「映らない」が結構はっきりしています。

例えばTVのチューナーへの入力レベルが55dBだったとします。

伝波の強さは常に一定ではなく、環境や気温等で常に変化しています。

入力レベルが55dBの時はキレイにテレビを見る事が可能でも

52~53dBの時にブロックノイズが出現したり帯状の横線が出たりします。

そして50dBで全く映らなくなってしまう。

こんな感じで、アナログ放送とは違ってザラザラでも映るという事がありません。

ですので、50dBで映らなくなるのであれば最低限60dBの入力レベルは、欲しい所となります。

最低入力レベルの数値は各テレビやレコーダー等のチューナーの性能によるところが大きく

例えば、シャープのテレビだと映らないけど、パナソニックのテレビなら映るって事もありえます。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
300Ω用ワンタッチプラグのコイルを取り除く方法
noimage
noimage
noimage
1Fでは地デジテレビが映らないのに2Fでは映る
液晶テレビの画面が真っ暗で映らなくなった時
noimage
一般家庭(一戸建て)のテレビ配線図
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP