洗面所から下水の臭いがした時に確かめたい事

新築で家を購入したのにも関わらず、洗面所から下水の臭い(水が腐ったような臭い)がするというなんとも不愉快な出来事に遭遇しました。

最初は下水工事を最近した所だから、そのせいだろうと思っていたのですが。

1年経過しても2年経過しても臭いが定期的に発生していました。

常に臭う訳でもないのですが、気づくと下水の臭いが洗面所(ユニットバス)から発生していました。

お風呂場の水の臭いなのか?と思ったりして、パイプユニッシュのような商品で洗浄したりしましたが、

一向に臭いが消えませんでした。

スポンサードリンク




ふと、洗面台の下の棚を開けた時に排水管の下になにやら白い蓋を発見。

この蓋を開けてみると。。

排水管の白い蓋

防臭ゴム

防臭の為のゴムパッキンが、ジャバラのパイプの上の方に上がってきていて

穴が丸見えの状態になっており、そこから下水の臭いがしているのだと判明しました。

恐らく新築工事の際にしっかり施工しなかったのだろうと思います。

排水管は勿論トラップ有り(排水管が上下に曲がって水貯まりを作って下水からの臭いの逆流を防ぐ物)で水もしっかり貯まっている状態でしたので、何で臭うのだろう?と不思議でした。

もし、あなたのお宅でも同じように洗面所から下水の臭いをするのであれば、一度確認してみるといいと思います。

ゴムで蓋をするだけでは、臭いが収まらない場合はゴム蓋の周囲をビニールテープ等でぐるぐる巻きにしておくと完璧かと思います。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP