一般家庭(一戸建て)のテレビ配線図

4LDKの一般的な一戸建てのテレビ配線図の例です。

テレビ配線図

クリックすると拡大します。

上記の場合、UHFアンテナで地デジの電波を受信した場合の例です。

テレビユニット(アンテナ線を差し込む所)が5箇所の場合は6分配器を取り付けるのが一般的です。

例外として2分配器と3分配器を2個使用するやり方もあります。

この例の場合は1FのLDKのテレビユニットが「電通ライン」となっていますので

ここにPS「ブースターに電源を送る機械」を取り付けてあります。

ブースターを屋外に取り付けした場合は、このやり方が主流です。

ブースターを室内の取り付けする場合は、分配器も室内にある事が前提となります。

今の新築の一戸建てですと、ユニットバスの点検口に分配器があったり

2Fの屋根裏にあったり、テレビ配線や電話配線、LAN配線などが集中している

「集中BOX」にある場合もあります。

電気のブレーカーBOXとは全く別物です。

分配器の近くに100Vの電源を取れるコンセントがある場合は、ブースター本体に直接電源を取れる様になりますのでテレビユニットにPSは不要になります。(ブースター本体と合体)

スポンサードリンク



送り型のテレビ配線図

送り型テレビ配線図

少々古めの住宅で使われている場合が多い「送り型のテレビ配線図」です。

テレビユニットを「送り型」を使用する事によって、一本のケーブルからどんどん電波を送っていくイメージとなります。

送り型ユニットは構造的には「1分岐器」とにております。

この系統の場合、2Fの送りユニットのアンテナ線の接続部分や2Fから1Fに行っているケーブルに不具合が発生すると、

それ以降のすべてのテレビ端子に不具合が発生し、地デジが映らなくなったり、ブロックノイズが発生します。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP