LEDテープでデイライト取り付け

最近はデイライトがついてる車が増えてきました。
愛車のC25セレナにもデイライトつけたいなぁと思い、LEDテープを取り付けてデイライト可してみました。

LEDテープは楽天で物色してこれに決めました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 60cm 60連側面発光超高輝度SMD採用 LEDテープライト 黒ベース 白 ホワイト 赤 レッド 青 ブルー テープLED 【メール便配送商品】 ヘッドライトイルミネーション ブレーキランプイルミネーションに

価格:980円(税込、送料無料) (2017/3/8時点)

 

LEDテープ配線の下ごしらえ

購入したLEDテープは60cmで両端にプラスマイナスの配線が出てるタイプなので、真ん中で切って30cmを2本にしました。
取付位置はもうだいたい決めていたので、配線を必要な分延長させます。

配線の延長

延長に使うコネクターはエーモンの接続コネクターです。
LEDテープについてる配線は0.2sqなので手持ちのギボシ端子だとしっかり圧着できなかったのが理由です。
2本のLEDテープのプラスマイナスなので計4本延長させました。

コネクターの防水処理

エンジンルーム内に使う配線なので、このままでは防水のために「自己融着テープ」を巻いて、その上から「絶縁ビニールテープ」を巻きました。
これで下ごしらえは完了です。

車内からエンジンルームへの配線

ACCから電源を取りたかったのと、スイッチもつけたかったので、車内からエンジンルームに配線を1本通しました。
C25セレナの場合は助手席側のフロントにエンジンルームに繋がる穴があるので、そこを通しています。

エンジンルーム内の配線接続

エンジンルームに通した1本の線はスイッチを経由してACC電源となり、LEDテープのプラス2本とギボシで接続。コネクターは防水処理しています。
LEDテープのマイナスは2本まとめてボディアース。

エンジンルーム配線

ヘッドライトの裏から通して

エンジンルーム配線2

真ん中からナンバー裏に配線を落として

LEDテープ

こんな感じで取付です。LEDテープは付属の両面テープだけで固定できました。

点灯確認

点灯確認もOK。

LEDテープのスイッチ

スイッチもエーモンの純正風スイッチをつけて、切りたい時に切れるようにしました。
普段はスイッチは入ったままなのでACCオンで点灯です。
スモールとは連動させていないので、夜間もつけたままにしています。

サイドブラインドカメラ用のスイッチもついていますが、まだカメラ自体はつけてなくて準備だけしてあります。
スイッチの真ん中の空いてる部分はフロントカメラつける予定であけてあります。

LEDテープでデイライト取り付けした感想

ネックになるのが車内のACC電源からエンジンルーム内への配線をどこを通すかだと思います。
車種によって最適なルートがあるはずですので、それをどう見るけるかがポイントになるでしょう。
ドアの隙間からだとどうしても配線が見える形になるのでカッコ悪いから配線は隠して通したいですよね。
配線さえ通してしまえば、LED自体の接続は比較的簡単な作業です。
テープの種類も前面が光るタイプと側面が光るタイプがあるので、取付箇所を吟味しながら選択する必要はあります。
LEDテープは自分だけのオリジナルな演出をする事も出来るので、いろいろと楽しみが増えるアイテムではないでしょうか。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP