ダイソンV8 フラフィプラスのレビュー

dyson V8 フラフィプラス [ SV10 FF COM ] コードレスクリーナーを買ってみましたので、使用感などの感想。

ダイソンV8の箱裏側

ダイソンV8の付属品一覧

私自身ダイソンの掃除機はこれが初めての購入です。
今まではマキタの充電式クリーナーを使用していたのですが、掃除能力が高い掃除機が欲しくなり、今回ダイソンV8を選びました。

V8の取り回し

掃除機で大切な要素の一つに、「取り回し易さ」があると思います。
今回のダイソンV8はV6よりも重くなっているとの事で、実際に持ってみると、やはりそれなりに重さを感じます。
今まで使っていたマキタのハンディクリーナーが軽すぎて、それと比較してしまうと、重いのは確かです。
成人女性でも、片手でずっと掃除出来るかどうか?ぐらいですが、私的にはこれぐらいの重さなら慣れれば問題ないと思います。
ロングパイプを付けて立った状態での掃除は、重さよりも、パイプ長!って思いますね。
正しい姿勢で掃除が出来るのですが、ちょっと小回り効かしたい時にパイプ長!って思ってしまいます。
一気に全室掃除する時は、ロングパイプを付けますが、一室だけの小範囲ならパイプなしの方が取り回し易いと思います。
個人的には、取り回しは慣れれば問題ないレベルなのではないかと思いました。

ダイソンV8の掃除機の吸引力と排気

ダイソンのコードレスクリーナーには、「強モード」と「普通モード」があります。
強モードは約7分、普通モードでモーター駆動のヘッド使用時は30分間、それ以外は40分の連続運転が可能です。
実際に使ってみて4LDKの家なら普通モードで十分掃除可能です。
強モードは思っているよりも、すぐにバッテリーがなくなってしまう感覚なので、普段は使わないです。
普通モードでも十分な吸引力を発揮してくれています。
吸引力だけでいえば、マキタの掃除機でもそれなりに吸引はしてくれていましたが、今回ダイソンを使ってその吸引力に驚きました。

排気も結構な勢いで風が出てきますが、非常にクリーンな排気です。

0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕らえます

の謳い文句は伊達ではなく、通常の空気よりもキレイになって出てくる感じです。

ダイソンV8の掃除時の音量

音量に関しては、夜でも全く問題なく使えるレベルになっています。
強モードだと若干夜は気が引けるレベルですが、普段使いは通常モードなので気兼ねなく使えます。

ダイソンV8のゴミの捨て方

ダイソンV8からゴミの捨て方が変わりました。
V6の時は、下からクリアビンの蓋を開ける形だったのが、V8から上に引き上げる様に変更されています。
ダイソンV8のゴミ捨て引き上げた状態
しまうときは、下に押して最後にフタを閉じます。
V6の時はクリアビン内部のサイクロン部分のステンメッシュの所に埃や塵が溜まってしまうようでしたが、V8のゴミ捨て方法だとステンメッシュの部分も上に引き上がる為、引っかかっていたゴミも下に落ちていきます。
上げ下げを3,4回もやればほとんどのゴミは落ちます。
ただ、クリアビンのフタの部分に、塵や埃がどうしても残るので、閉じる時に挟み込んでしまうと、隙間が出来てしまう可能性があります。
隙間が出来ると当然、臭いや埃のまき散らしに繋がるので頂けません。
これはV6の時もそうだったみたいですが、毛先の細いブラシ等で蓋の掃除をしてあげないといけないのが、ちょっと面倒ですね。

各種ヘッドの使い方

とりあえずカーペットを「ソフトローラークリーナーヘッド」で掃除してみましたが、驚くほどのゴミが取れました。
基本的には、フローリングや畳の掃除に適していそうです。
ソフトローラークリーナーヘッドは、スイッチを入れる(握る)とローラーも回転するので、勝手に前進していってくれます。

そして、ソフトローラークリーナーヘッドよりもカーペットに適していると感じたのが、「ミニモーターヘッド」です。
私的には、ミニモーターヘッドはカーペットや絨毯、布団などに使うのが一番適しています。
布団も驚くほどの埃や塵がとれます。今までこの布団で寝てたかと思うと、ぞっとするくらいです。
フラフィプラスにはフトンツールがついてきますが、正直使いませんw
ミニモーターヘッドの方がキレイに布団を掃除できます。
なのでフラフィで良かったと思っています。

その他にも、スキマノズルやコンビネーションノズル、ハードブラシ、延長ホースなどありますが、実際に使う頻度が多いのは、ソフトローラークリーナーヘッドとミニモーターヘッドですね。

ダイソンスタンドを作ってみた

収納用ブラケットで壁掛けにして、充電しながらスッキリ収納できるのですが、壁に直接固定すると場所を変えたい時に、また穴をあけないといけないので、自作でスタンドを作りました。

ダイソンV8スタンドダイソンV8スタンド横
ホームセンターで1500円くらいで出来ました。
充電コードを背面に固定すれば完成なのですが、とりあえず今はこれで使っています。
スタンドがあると、立ったまま取り出せて、さっと掃除が出来るので非常に便利ですよ。
ダイソンスタンドの作り方はこちら

ダイソンV8 fluffy+の感想まとめ

今回初めてダイソンのコードレスクリーナーを使ってみましたが、宣伝の文句が嘘ではない事を実感しました。
吸引力もいいですし、音も静かです。そしてなにより掃除機であるという事です。
なにが言いたいかというと、各種ヘッドの使い分けで、都度最適な掃除が出来る上に、ソフトクリーナーヘッドとミニモーターヘッドに関しては、よく考えられた作りになっているなと感心しました。
いかに効率よりゴミを掻き出して吸い込むか?という事を非常に考えられて作られていると思います。
これからも末永く使っていきたいと思います。
Dyson V8 Fluffy+を見てみる


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP