CC25セレナに激安ドライブレコーダーを付けてみた

愛車のCC25セレナにドライブレコーダーを取り付けてみました。
ドライブレコーダーを取り付けようと思ったきっかけは、やはり万一の事故の時に「証拠」として映像が残るから。

私は自動車の運転に絶対はないと思っています。いくら自分が気を付けて運転していても、周囲の車の不注意で事故は起こります。
自動車同士の事故の場合、こちらが完全に停止していなければ、過失割合が10対0には基本的にはなりません。
もらい事故だったとしても、過去の判例に照らし合わせて過失割合が自分にも割り当てられるのが実情です。
そんな時に、少しでも自分の過失がない事を証明するためにもドライブレコーダーを付けようと思いました。
ドライブレコーダーは楽天で購入した安いやつです。商品名は「DRA」。

 

ドライブレコーダー DRAの感想

取付に関しては、素人でも簡単に取付できるレベルです。
本体はフロントガラスに吸盤で取付し、電源はシガーソケットに差し込むだけです。
配線の取り回しは、セレナに関してはガラス上部からフロントピラーに沿って助手席側のマットまで下してきて、あとはマットの上部側にそってセンターのシガーソケットまで持ってくれば配線を隠して設置できます。

動体感知機能がついていますが、とりあえず今のところは使っていません。
動体感知機能は主に駐車時に役立つかと思いますが、本体の内臓バッテリーでは、すぐに電源が落ちてしまうので、数時間持たせたいのであれば、モバイルバッテリーを接続する必要があります。

普段乗りで車を走らせる時の、録画用としてだけなら充分に機能してくれています。
夜間走行時の動画を撮ったので参考にどうぞ。




動画撮影モードのメニュー

動画撮影モードの際に、メニューボタンを押すと各種の設定が行えます。

解像度
1080FHD 1920*1080
1080P 1440*1080
720P 1280*720
WVGA 848*480
VGA 640*480
QVGA 320*320

私は1080Pで撮っています。

自動上書き設定

OFF:ループ録画をOFFにする。
1分:3分:5分:10分のいずれかを選択すると、そのタイミングで一旦録画を停止して再度録画を開始します。
私は5分に設定しています。(10分だとパソコンに落とす際に1ファイルのサイズが大きくなるので)

その他の設定など

露出補正やオーディオ(音声も録画するか)、Gセンサー(設定にはあるが使用できない)

静止画撮影モードもあるがほぼ使いません。

最初の設定でやっときたいのは、日付、オートシャットダウンOFF、電源周波数、スクリーンセイバーOFFです。

MicroSDを32GBまで装着できるので、私は32GBを入れておきました。

今のところ毎日録画し続けてくれています。
本体の吸盤での取付にも若干の心配がありましたが、全く落ちてきませんし安定しています。
この価格で万一の時の「証拠」にすることが出来ると考えればコストパフォーマンスは抜群。

ただし、ワンセグの電波に干渉するので、車でワンセグを見たい方は激安のドライブレコーダーはやめた方がいいです。
かならず、ワンセグでもフルセグでも電波干渉して映りが悪くなります。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP