CC25セレナの異音の原因と対策

約69000k走った中古のcc25セレナの異音です。

・アイドリング時に、車の下(ガソリンタンク付近)からプシュー、プシューとエアーが抜けるような音
エンジン掛け始めは、プシュー、プシューと小刻みに不定期に音がするが、エンジンが温まってくると、ほぼずっとプシューと音がしたままの状態になる。

ディーラー見解→ガソリンタンクの交換(工賃込6万~)

・発進時や加速時に少し強めにアクセルを踏むとエンジンの方から「バリバリ」と大きな音がする。Pレンジにして空ぶかしでは音はならない。

ディーラー見解→エンジンからのフロントチューブのつなぎ目が、加速Gでエンジンが動く時にチューブとの間に隙間が出来て一種の排気漏れ状態になり、バリバリという音が発生する。(ガスケット交換部品2711円工賃7182円)

ガソリンタンク付近の異音対策

プシューという音から察するにガソリンタンク内の汚れが詰まってるんじゃないかと推測。
ガソリン添加剤で改善する可能性があるので、ディーラー修理はやめました。
フューエルワンというワコーズから出ている添加剤を使ってみることにしました。
フューエルワンは、エンジン内部にたまったゴミを除去する事で、劣化したエンジン性能を取り戻す事が出来る商品。
添加量は燃料30〜60Lに対してフューエルワン1本。
燃料が30L未満の場合には、添加量が1%を超えないようにする事。
1%を超えるとアイドリング不調や、カブリの原因になってしまいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

在庫あり/WAKOS ワコーズ F-1 フューエルワン 300ml 【F112】

価格:1350円(税込、送料別) (2017/1/8時点)

 

フューエルワンを入れてガソリン半分くらい使った所で、異音を確認してみると見事に解消されていました。
タンク交換とかで6万~取られるのに比べたら非常にコストパフォーマンスが高い改善策でした。



フロントパイプのガスケット交換

発進時や加速時のバリバリ音はディーラーに修理してもらう事にしました。
フロントチューブってなんだろう?と検索してみると、フロントパイプの事らしい。
ディーラー待つこと1時間弱で交換終了し、バリバリ音もなくなりました。

約1万円で済みました。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP