テレビ用分配器の種類と役割

テレビ用分配器の種類

テレビ分配器は、その名の通り屋内に設置する事が前提に設計されています。

分配数の種類分け

2分配器(損失レベル→4dB)

4分配器(損失レベル→8dB)

6分配器(損失レベル→12dB)

8分配器(損失レベル→12dB)

(注意)損失レベルは目安です、実際には個体差があります。

一般的に利用されているのは、この4種類の分配器があります。

4LDKの家でしたら、4分配か6分配が付いていると思います。

屋内用4分配器

分配数が多いほどケーブルを多く分けれるのですが、その分テレビ電波の損失も大きくなります。

地デジを見るのに適した電波レベルはテレビ等のチューナーの性能によりますが

大体55dB~80dBぐらいまでです。

レベルが足りない時は地デジブースターを設置して電波を増幅させます。

分配器は家屋が古い場合、屋外に取り付けてある場合も多く、1つではなく2つ3つと分配されているケースも珍しくありません。

最近の戸建てでは、屋内のユニットバスの点検口の中や2階の点検口(天井裏)の中、もしくは集中BOX(電話やLANなども一緒になっている場合が多い)に分配器がある場合もあります。

似たような機器で分岐器があります。

分岐器と分配器の違いと使用例


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP