分岐器と分配器の違いと使用例

テレビ配線をする際に使用される機器に分配器があります。

分配器は流れてきた電波を均等に損失させて各端子に分配する機器ですが、それではケーブルの距離が長い所と短い所で、テレビ電波のレベル差が出てしまい不具合が発生する事もあります。

その際に使用されるのが「分岐器」です。

分岐器は流れてきた電波をわざと損失させて流す端子と少ない通過損失だけで流す端子とに分けられています。

上記は屋内用の2分岐器です。

IN(入力)
OUT(出力)
BR1(分岐)
BR2(分岐)

となっていてOUTには損失を少なく電波を流し、分岐側にはわざと損失を多くしてテレビ電波を流します。

スポンサードリンク




一般家庭では通常使用される事はあまりありませんが、集合住宅の場合は使用されるケースが多いでしょう。

図でご説明すると下記の様になります。
マンションのテレビ配線図

上の階から順に下に向かって電波を流すケースで、各階の横列への配線には分岐器を使用しています。

こうする事である程度の階層を一つのブースターでまかなう事が出来るのです。

分岐器は電波の強さを調整する便利な機器であり、その事によって余計なブースターをつけなくて済むなどのメリットがあります。

以上が分配器と分岐器の違いでした。


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP