B-CASカードとは

B-CASカードとは

B-CASカードはデジタル放送を受信出来る端末機器にセットになっているカードです。

B-CASカードには地デジ専用の物と(青色

地デジ・BS・CSがセットになった共用カード(赤色

CATVケーブルテレビ用(オレンジ色

大きく分けてこの3種類あります。

地デジチューナーには地デジ専用の物が

テレビやレコーダーで地デジ・BS・CSが受信可能な物には

それに見合ったカードが添付されています。

各端末機器にはそれぞれカードを差し込む様になっていて

このカードが挿入されていないと放送を視聴する事が出来なくなっております。

B-CASカード

オレンジ色に塗りつぶしてある部分にはIDが記載されており

各端末機器の識別IDとして利用されます。

B-CASカードには登録用紙も同封されています。

地デジ・BS・CSの共用カードでBSデジタル放送も視聴する際に

NHKのBSデジタル放送には、利用者の端末設置確認のメッセージが表示されます。

このメッセージを消去する際にはカードのIDが必要になります。

※2011年3月31日でB-CASカードのユーザー登録は廃止されるそうです。

スポンサードリンク




ただし、このカードに添付しているユーザー登録はがきは、NHKの自動表示メッセージの事前消去や受信契約の案内を受けるために限って、登録廃止後も利用できます。

詳しくはB-CAS株式会社へお問い合わせ下さい。

B-CASカードが挿入されていないとテレビを見る事が出来ないのですが、

稀にカードが挿入されていれも、カード不良によって画面に

エラーメッセージ(E202等)が表示される事があります。

B-CASカードが故障かな?そんな時はこちら

カードの故障や紛失の際は再発行出来ます。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP