地上デジタル放送とアナログの違い

地上デジタル放送とアナログの違い

地上デジタル放送があと一ヶ月ちょっと終了となる訳なんですが、

そもそも地デジ放送とアナログ放送の違いってなんだろう?という疑問があると思います。

そこで今回は、専門的な難しい言葉は使わないで簡単にご説明します。

 

デジタルとアナログの主な違い

アナログ放送は、VHFとUHFとFMの電波を使ってテレビ信号を送っています。

テレビ信号はみなさんご存知のテレビ塔からです。

FMはラジオにも使われていますね。

お住まいの地域によって、VHFで受信するのか、UHFで受信するのか

それとも、両方を混合してアンテナで受信するのかが決まってきます。

アナログ信号もデジタル信号同じ電波の波なんですが、

アナログ信号は波をそのまま運んでくる。

デジタル信号は、時間軸とともに、波の強さを一定値以上が1

それ以下が0という感じのデジタル信号を送ります。

技術的に詳しい解説はこちらを参照下さい。

スポンサードリンク



受信障害による違い

アナログ放送の場合は、受信状況が悪くなると映像が乱れる現象が起きます。

また、信号がゼロに近くなると通称「砂嵐」という画面になりますよね。

これがデジタル放送の場合だと、受信状況が悪くなると、ブロックノイズが発生します。

ブロックノイズはまた後日ご説明しますが、画面がモザイクの様な感じになったり

一時的に画面が静止すると思って下さい。

また、信号がある一定値以下になると、まったく映らなくなるのがデジタル放送の特徴です。

これは地デジに限らずBSでもCSでも同じです。

一定値以下というのは、各受信器のチューナーの性能による所があるので一概にはいえませんが、

例えば入力信号が55dBだと綺麗に映るけど54dBになったらブロックノイズが発生し

52dBになった時点で全く映らなくなる感じです。

数値はあくまでも仮定の数値です。

 

その他の違い箇条書き

・地デジになると、画像がハッキリくっきりと映る様になります。

・双方向サービスを導入出来る様になります。(視聴者参加型番組等に利用)

・デジタルコンテンツのコピー制限(ダビング10


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP