光で地デジを見るには

光で地デジを見るには

近年様々なネット事業者がFTTH(Fiber To The Home)のサービスを提供し

光回線で高速インターネットや地デジを視聴する事が出来る様になりました。

NTTのフレッツ光は全国的に有名でしょうかね。

各都道府県の市区町村別で見るとやはりCATV業者がFTTH化に向けた工事を行なっており

今後数年でCATVの回線も光に統一される可能性も高いですね。

中部地域でいえば【コミュファ光】というサービスもあります。

ネットも地デジもBSも電話もセットでかなり安いサービスを提供されています。

個人的にはコミュファ光はオススメです。

光テレビ(地デジパススルーとBSパススルー)
光電話
光インターネット100M

この3つセットで一般的な戸建の月額料金が5706円という安さです。

ただしテレビのみの加入は出来ない為、ネットは必ず加入しなければなりません。

ネットも良く使うしCSなどの多チャンネルサービスが必要ないという方にはおすすめです。

CS放送も視聴したいという方はCATVもしくはフレッツ光になります。

CATVに関しては料金設定やサービス内容が各事業者によって異なりますので

最寄のCATV事業者にお問い合わせ下さい。

光回線の最大のメリットはインターネットの接続速度だと思います。

テレビは光になっても特に何か変るという訳ではありません。

V-ONUという光を同軸に変換する機械を宅内外に取り付けし

そこからは既存の同軸ケーブルを使って各テレビ端子に電波を送る形になってると思います。

V-ONUには電源が必要なため、同軸用のブースター同様にPS(電源部)を、電通ラインのテレビ端子に取り付けする事などをしなければいけません。

光で地デジを見るのでしたら、ネットや電話もまとめて一つの事業者にした方が結果的に安上がりになります。

テレビはCATVでネットと電話はコミュファでというような形は料金的に損をすると思います。

各社色々なサービスを今後も提供してくれると思いますので、よく調べて比較検討してから申し込む様にしたいですね。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP