ワンセグで地デジを見る

ワンセグで地デジを見る

ワンセグとは

ワンセグの詳しいか解説に関しましては下記の通りです。

地上デジタル放送で行われる携帯電話などの移動体向けの放送の事。2006年4月1日放送開始。もともと技術的呼称として1セグメント放送と呼ばれていたが、地上デジタル放送推進協会によって2005年9月にワンセグという名称が決定された。

ワンセグとは【1seg】(1セグメント放送)

上記の様に地上デジタル放送をセグメント分けして

専用チューナーで受信出来る様にした物と解釈すればいいと思います。

今では、携帯電話やカーナービには必ずといっていいほど

ワンセグチューナーが搭載されているかと思います。

もともと地デジは12セグメントで構成されているのですが

それを1つだけに簡略化する事になりますので当然画質なんかは落ちます。

よって、家などで視聴する際には普通の地デジが受信出来るテレビやチューナーで

視聴する事をオススメします。

パソコンで地デジを見る場合は、ワンセグと通常の地デジチューナーと選択肢があります。

個人的にはワンセグ放送を見ていると目が痛くなる感じになりますので

12セグメントの通常地デジを受信出来る環境ではワンセグはオススメしません。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP