ダビングしたDVDとファイナライズ

ダビングや録画したDVDを、別のプレイヤーで再生しようとしても、出来ないという困った事になった事がありませんか?

その原因はファイナライズ、もしくはプレイヤー側の対応ディスクの問題です。

対応ディスクに関しては、各プレイヤーの説明書をご覧になって頂ければ分かると思います。

ファイナライズとは

一般的にDVDレコーダーではDVD-VR(ビデオレコーディング)形式でビデオ記録を行います。

DVD-VR方式は追記が可能な記録形式で、空き容量があれば、あとから追加で録画を記録できます。

このファイル情報を確定し、他DVDプレイヤーやパソコンでの再生互換性を高める処理が「ファイナライズ」です。

DVD+RWやDVD-RW (ビデオモード)、DVD+R、DVD-Rをファイナライズすると、自動的にDVDメニューが作られるので、他のDVD機器で再生するときに表示することができます。

ファイナライズの方法は各DVDレコーダーによって変りますので、説明書をよく見て行なって下さい。

スポンサードリンク



一度ファイナライズしたDVDはHDにダビングできるのか?

一度ファイナライズしたDVDは完成品として様々なDVDプレイヤーで再生が可能になります。

再生が可能という事はダビングも可能です、HDにもブルーレイにもダビングできます。

ビデオモードで保存したDVDもHDにダビングできます。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP