ケーブルテレビで停電時にテレビが映らない現象

ケーブルテレビで停電時にテレビが映らない現象

先日の東京での大規模停電で当ブログにご訪問頂いたかたが多かったので、恐らくこれを知りたかったのであろう内容を書きます。

停電時に停電エリア内に家があれば、当然電気全般が使えなくなるため、テレビは映りません(電源が入らないですもんね)

ところが、停電エリア内ではないのに、CATV(ケーブルテレビ)等に加入していて、停電と時を同じくしてテレビが映らなくなってしまう場合があります。

これはCATVの幹線伝送路の仕組みがもたらす物なのですが、CATVも受信点が有り

そこから電柱にケーブルを共架していきます。

スポンサードリンク



CATVとはいえ、ケーブルの距離が長くなれば当然電波は弱くなっていくので

電柱の各ポイントにアンプ(家庭内でいうブースター)があり、そこで電波を増幅させています。

このアンプには電源が必要です。

アンプの電源は、これまた電柱にPS「無停電源供給器」がついていて、そこから電源をもらって生かしています。

このPSが停電エリア内にあると、家が停電エリア外でもテレビが映らなくなってしまう事になるのです。

PSは無停電となっていますが、内蔵のバッテリーが切れれば止まってしまいますし、

バッテリーがへたっていたりすると、停電後すぐに止まってしまう事もあります。

この様な仕組みの為、隣の家はテレビが映るのに、自分の家は映らないという事もありえるのです。

停電が復旧するのを待つか、各ケーブルテレビ会社の業者さんが停電対応の仮復旧を行うか、しないとテレビは映らないままという事です。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
BSが映らない原因と対策
300Ω用ワンタッチプラグのコイルを取り除く方法
noimage
noimage
東京スカイツリーの試験電波送信で地デジが映らない
noimage
マンションやアパートなどの集合住宅で地デジが映らない原因
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP